お手入れと保管 | よくあるご質問(FAQ)

お手入れと保管

パール

パールは有機物であるため、日常のケアを丁寧にしていただくことが大切です。使用後はジュエリー専用クロス、または乾いた柔らかい布で汚れや水分を拭き取ってください。拭き残しの無いようにパール表面全体を丁寧にケアいただく必要があります。水や酸に弱く、水分や汗が付いたまま放置すると劣化や変色の原因となります。また、化粧品や化学薬品に触れることもパールの光沢を失うなどの劣化に繋がりますのでご注意ください。家事や入浴の際は、必ず外していただき、お化粧後の装着をお勧めします。

香水や防虫剤など揮発性の薬品により光沢を損ねる恐れがありますので、それらと一緒に保管することは避けてください。直射日光下、極端な温度環境下、過度の湿気・乾燥のある場所での保管は避け、遮光できるケースに入れて保管してください。デリケートな素材のため、摩擦や衝撃による破損や損傷がないよう、他のジュエリーとは別に、ケースに入れて保管してください。

ダイヤモンド

ダイヤモンドは油に馴染みやすい性質のため、皮脂やハンドクリームなどの油脂分が付着すると輝きが鈍くなることがあります。使用後はジュエリー専用クロス、または柔らかい布で拭いてから保管してください。汚れが気になる場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯で柔らかいブラシなどを用いて洗い、すすいだ後、乾燥させてください。また、ダイヤモンドは硬い性質を持っていますが、一定の方向から衝撃をあたえられると破損する恐れがありますのでご注意ください。

ダイヤモンドは硬い性質の宝石であるため、他のジュエリーとぶつかると他のジュエリーを傷つけてしまう恐れがあるので、保管時はご注意ください。

色石

ご購入時にお渡しする冊子「お取扱い・お手入れについて」をご覧ください。

ゴールド・プラチナ

ご使用後はジュエリー専用クロス、または、乾いた柔らかい布で汚れを拭き取ってから保管してください。汚れが目立つ場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯で手洗いしてください。その際、溶液にジュエリーを長時間さらさないようご注意ください。

他のジュエリーに接触すると傷の原因になりますので、保管状態にご注意ください。

Copyright © TASAKI & Co., Ltd. All rights reserved.